膝が痛い

膝の痛みの種類

若い頃は中々感じない膝の痛みは40代、50代から増えてきます。

40代から50代で増える膝の痛みで考えられる代表的な膝の疾患というと

  • 半月板損傷
  • 変形性膝関節症
  • 腸脛靭帯炎

などがあります。これらについて簡単にご説明いたします。

変形性膝関節症

中高年の方、特に女性の膝の痛みの約25~40%は変形性膝関節症による痛みになります。
痛みの特徴としては、

  • 動き始めの時に痛みが出る
  • 正座をするのが難しい
  • 膝に水が溜まる
  • 座っていて立ち上がろうとした時に痛みがある
  • 歩き始めや階段の上り下りで痛みがある
  • 膝の内側を押さえると痛みがある

といった特徴があります。

加齢により軟骨がすり減って痛みが出ると言われていますが、実際には軟骨がすり減った事が痛みの原因ではありません。膝関節への異常な負担が痛みの原因になります。放置しておくと変形が進み膝への負担も増してきますので、早めに治療院に行かれる事をオススメします。

半月板損傷

半月板とは、簡単にいうと関節にかかる体重を分散させてくれたり、関節の位置を安定させる役割を持った組織です。半月板の損傷の原因としては大きく分けて2つあります。

1つはスポーツによるもの。これは、スポーツ中に衝撃を受けたり、ひねりが加わった状態で体重がかかった場合などに起こる損傷です。

もう1つは日々の負担が蓄積されたもの。これは、普段の生活で半月板が傷つきやすくなっている状態からひねりなどの外力が加わって損傷するものです。

症状としては

  • 膝の曲げ伸ばしの時に引っ掛かりを感じる
  • 突然と膝の力が抜け、崩れてしまう
  • 膝の曲げ伸ばしで音がする
  • 膝に水が溜まる
  • 膝の曲げ伸ばしが痛む

といったものがあります。膝の曲げ伸ばしの引っ掛かりが重度の場合は手術をおすすめする場合もありますが、当院の施術で股関節、足首の動きを正しく取り戻すことで半月板の負担を減らしていくことで、痛みが無くなるケースも多いので一度ご相談ください。

腸脛靭帯炎

歩いている時に感じる膝の外側の痛みや最近、ランニングをして膝が痛いというような方はいらっしゃいませんか。
このような膝の痛みは腸脛靭帯炎、いわゆるランナー膝と呼ばれる症状の可能性があります。

原因としては、腸脛靭帯というお尻の筋肉から膝下外側まで付着する靭帯があるのですが、これが何らかの要因で引き伸ばされ周りの組織を圧迫する事で炎症を起こしてしまう事です。

腸脛靭帯が引き伸ばされる直接的な原因としては、お尻周りの筋肉の緊張が多いのですが、ここを緩めるだけだとすぐに再発してしまいます。元々の原因となっている骨盤、背骨の歪みを正していく事でお尻周りの筋肉の緊張も靭帯のストレスも解決していきます。

まとめ

膝の疾患はこの他にも沢山ありますが、今回は40代、50代によく見られる疾患3つを取り上げました。膝の疾患は我慢していても改善されることは少ないので、できるだけ早く治療に行かれる事をオススメします。

また、膝の痛みは全身のバランスの悪さから膝に負担がかかっている事が多いので、痛みを抑える事だけでなく、日常生活での身体の使い方、全身のバランスを正していく事が大切になります。

お問い合わせは

つくしグループ各院までお問い合わせ下さい

広島市安佐南区つくし鍼灸接骨院
つくし鍼灸接骨院広島市西区庚午院
パーソナルトレーニングエイティ
つくし鍼灸接骨院東広島西条院
パーソナルトレーニングロジック