眼精疲労に整体と鍼灸

こんなお悩みありませんか?

  • 眼の疲れをすぐに感じて仕事に集中できない
  • 眼の奥が痛い
  • 眼がショボショボすることが度々ある
  • 眼が霞んだり、物が二重に見える時がある
  • 眼がよく乾く
  • 眼が充血している
  • 肩こりや頭痛にも悩まされている
加藤院長

そのお悩み「毛様体筋」の疲れや緊張かも!

眼精疲労の原因とは?

物を見る時、人の目はカメラのレンズのような働きをする水晶体の厚さを調節し、ピントを合わせます。【毛様体筋】は、伸びたり縮んだりすることで水晶体の厚さを調節し、これによって人は近くや遠くの物を視界がぼやけずに見ることが出来るのです。ですので、
パソコン作業やスマートフォンなどの近くの物を見続けていると毛様体筋は緊張してしまい、筋肉の疲労を起こします。これは体に痛みやだるさを引き起こす疲労物質が流れてくれなくなるためです。

眼の構造

こういった緊張は毛様体筋に関わらず、目の周りの顔の筋肉や首・肩の筋肉も同様で、同じところを見つめ続けて動かさないことで目の周りの血行不良を引き起こし、血行不良によって起きた目の疲労は目のかすみや痛み、重だるさなどの多くの症状を引き起こしてしまいます。

眼精疲労には鍼と整体がオススメ

最近では鍼灸治療は、腰痛などの関節痛だけでなく、眼精疲労など幅広い分野で効果が認められています。

つくしでは目の周りの筋肉を緩めるだけでなく、目に負担をかけたことによって硬くなる頭の筋肉、顔の周りへ血液を送る通り道である首・肩の筋肉にも整体による丁寧で心地よいアプローチを行います。痛みを伴う整体では無く、多くの方が「すごく気持ち良い」と言われます。

また、治療の効果を持続させるために鍼灸治療も同時に行います。鍼灸治療には体をリラックスさせる副交感神経の働きを活発にする効果もあります。

効果的!つくしの眼精疲労へのアプローチは

  • 血行が悪くなっている目の周りの筋肉、首・肩・頭周辺の筋肉を緩めることで血管を拡げます。
  • 攅竹(さんちく)、眉衝(びしょう)といった経穴(ツボ )を狙って行う。
  • 皺眉筋(しゅうびきん)【眉間に縦皺を作る筋肉】や眼輪筋【目を閉じる働きをする筋肉】と言った、表情を作る筋肉にアプローチし、顔の筋を動かしやすくなり、目の周りの血流を良くする。
  • 副交感神経に働きかけリラックス効果を得る
加藤院長

そして、ご自分で眼が疲れた時にセルフケアできるように、ご自宅でできるお灸でのケアもお伝えします。

眼精疲労は現代人の多くが抱える国民病

スマホやパソコンなど現代の多くの人は、眼を一点に集中させ「毛様体筋」を緊張させる暮らしをしています。

わかっていても、仕事や生活を変えて行くのはとても難しいですよね?

ぜひ、つくしの眼精ケアを受けて日頃働き過ぎの眼の筋肉を休めて上げてください

「眼精疲労の整体と鍼」料金について

1回:4500円 (初回のみ初診料1000円プラス)
4回券:14000円(一回当たり3500円)
全て税別