寝違えてしまったら

朝起きると突然首や背中が痛くて動かせなくなってしまう寝違え。早く治って欲しいけど、1日中悩まされる事も多いのでは無いでしょうか?

まず気をつけて頂きたいのが、寝違えになった初日にご自身で無理に首をストレッチしたり揉んだりしない事です。逆に症状が長引く結果になる事が多いです。

整骨院、接骨院では電気治療や手技療法、鍼灸療法などで痛みを抑える事ができますが、どうしてもその日に整骨院、接骨院などに行けない場合は、とりあえずその日は冷やす事をオススメします。無理に動かさないで下さいね。

寝違えの原因は

寝違えの原因の多くは、寝ている間に長時間、筋肉が無理に引っ張られた状態になってしまい、朝急に動き出す事で、軽度の肉離れのような状態になってしまう事です。

その他、寝ている間の不自然な姿勢で抹消神経が圧迫されて神経痛となってしまうケースもあります。

根本解決には

なぜ、寝ている時に不自然な姿勢になってしまったのかを考える必要があります。

  • 寝具があっていない
  • 窮屈な場所で寝てしまった
  • 泥酔していた

なども考えられますが、本来の正しい姿勢での呼吸のしにくさ、正しい姿勢でいる事の窮屈さを身体が感じて不自然な姿勢で寝てしまう事が根本的な問題だと思います。

身体の柔軟性、バランスを整えて機能的な身体を作っていく事で正しい姿勢でいる事の方が楽になり寝違えは発生しにくくなっていきます。

お問い合わせは

つくしグループ各院へお問い合わせ下さい

広島市安佐南区つくし鍼灸接骨院
つくし鍼灸接骨院広島市西区庚午院
つくし鍼灸接骨院東広島西条院