左母趾種子骨障害の1症例

手の痛み・肘の痛み・脚の痛み, 日常, 症例解説

皆さんこんにちは!!
つくし鍼灸接骨院院長の小西と申します。
今日は大局を見るというのがいかに大切かと思う症例がありましたので報告したいと思います。
主訴は左母趾種子骨、特に外側の種子骨部に著名に圧痛を認めます。
スポーツはサッカーをされている中学3年、ポジションは右サイドバック。
利き足は右とのことです。
所見は母趾球部に発赤、熱感、腫脹等は認めず、圧痛のみでした。
左足部のwindrass、trass共に低下し左のみC-A angle pronationを呈していました。
アライメントは頭部左側屈(立ち直り)、胸椎右回旋右側屈変位、腰椎右回旋左側屈変位、LPIでgaitは左立脚にてover pronation傾向にありますが頭位左側屈に伴う上半身質量左シフトが起こっていました。
足部だけを診ると軸足という事もあり足部の機能が低下し、荷重足ということもあり左足が問題ですね~という風に足部内在筋トレーニング(タオルギャザリングなど)や足底板を行いがちですが、これでは絶対に良くなりません。
ここでの肝は頭位にあります。
胸椎右回旋右側に伴う立ち直りの左側屈の頭位が歩行時の過剰なウェイトとなり、アーチが潰れていった結果足部の障害が出てしまったと考えます。
まず胸椎右回旋の是正とelongation(軸の伸張)でアーチは確実に上がってきます。
毎日トレーニングしている学生が足部の機能低下が起こる訳もなく他の問題があると考えた方が妥当ですね。
足部が痛いからといってそこだけを診ているといけないと実感した1症例でした。
足部のスポーツ障害も根本原因を見つけ出ししっかり治療していきます。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ