足の土踏まずの痛み(スポーツ外傷 有痛性外脛骨)

手の痛み・肘の痛み・脚の痛み, 症例解説

有痛性外脛骨は、内くるぶし付近の過剰骨(発育中にできた必要ない骨)や種子骨(腱の中にある骨)が痛みを出すスポーツ障害です。

 

過剰骨や種子骨は健常者の15%前後の人にあり急激な運動負荷や捻挫などの外傷によって発生し10~15歳のスポーツ活動が盛んな人に多くみられます。運動時や歩行時に疼痛を訴え、後脛骨筋(足首を下に向けたり内返しにする筋肉)の付着部(内くるぶしの斜め前)に膨隆と圧痛が出ますが発赤・熱感などの強い炎症症状はでないことが多く、また、偏平足を合併することも多いです。

 

治療としては大多数が保存療法で良くなっていきます。疼痛はある期間続きますが骨の成長が止まる15~17歳ぐらいには自然に痛みが無くなります。しかし、自然治癒までの期間が長期になる場合や痛みが強い場合は手術することもあります。

 

当院の治療としては、身体のバランスが崩れていたり、足部の機能が正常に働いていない事から痛みに繋がっていることがあります。

まずは全身の骨格のバランスや足部機能の検査し原因を特定した上で治療を行っていきます。

全身のバランスの調整や足部の機能改善としてはピラティスの運動を取り入れながら治療を行います。

 

足の症状でお困りの方は気軽にご相談下さい。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

月別ブログアーカイブ

カテゴリー別ブログ