産後の腱鞘炎-ドケルバン病

皆さんこんにちは!!つくし鍼灸接骨院院長小西です。

今日は産後の手首の痛み、その中でも特に多いドケルバン病についてお話したいと思います。

以前アップしたブログに詳細とテーピングによる処置法は挙げているのでこちらもご覧になって下さい。

http://wp.me/p90SPO-au

そして今日は腱鞘炎のセルフケアの方法をご紹介します。

基本的に筋が痛くなる時は遠心性収縮です。

遠心性収縮とは伸びながら縮まる力が加わる事ですが、ダチョウ倶楽部のゴムパッチンが分かりやすいですねw

こうなるとゴムは縮みますが、筋肉は断裂するか脳が痛みを出して伸びすぎですよと知らせてくれるかになります。

腱鞘炎は断裂することはほとんどないので後者の痛みが出るという形になります。

なので治療は筋を縮めてあげればいいわけです!

その方法を今回は動画で紹介してますので是非参考にしてみてください。

この記事を書いた人

スタッフ西条